大雪の後遺症


昨日の大雪はだいぶ後遺症を残していた。いつも乗る朝の電車は3分遅れくらいで正常運転だったのだが、早い時間の電車は車両繰りの問題で運休したり、部分運休したりしていたし、都市間の特急列車も運休が確定しているものもあった。電車はどれも同じだと思いがちだが、車両運用というのは計画的に行われているわけで、これだけ混乱すると点検スケジュールなんかも見なおさなければならなかったりして大変に違いない。

歩道と車道の間の雪は2mくらい積み上がっていて、完全に隔離されている。だから小さめの交差点を通るのは結構怖い。そんなこともあって僕はクルマに乗るのを完全に放棄している(実はクルマを掘り出すのが面倒なのだが)。出かけるのは公共交通機関と自分の足で歩いていける範囲である。まあ、それも札幌は比較的便利な街だからできることなんだけど。

2月も終盤にかかってきた。まだ一回や二回は大雪が降りそうだ。でももう十分だから、早く春がやってきてほしいな。

カテゴリー: 北海道, 日々 パーマリンク