読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

2月の読書記録

投稿日:

おお。15冊。随分読んだ。これにはKindleの貢献が大きい。11冊がKindle本だ。Kindleだと買ってすぐに読むことができるし、どこでも読むことができる。どんどん読書が進む。しかし簡単に買えてしまうので際限がない。お財布には優しくない。めっきり図書館を使わなくなってしまったなあ。

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2739ページ
ナイス数:41ナイス

速効!1日1分で身につく!自分の能力を引き出すメンタル強化術速効!1日1分で身につく!自分の能力を引き出すメンタル強化術感想
うーん、わかったようなわからないような、当たり前のような、そうでもないような。なんとなく宣伝のにおいがする。
読了日:2月26日 著者:桑原正守
カラスの常識 (寺子屋新書)カラスの常識 (寺子屋新書)感想
最近カラスに興味を持っているのでとても面白かった。明日からはカラスの鳴き声に今まで以上に敏感になるような気がする。でもあまりジロジロ見てはいけないのが辛いところかな。いい距離を保って共生していきたいものだと思った。
読了日:2月26日 著者:柴田 佳秀
図解する思考法 基礎編図解する思考法 基礎編感想
ちょっと基本的過ぎるかな。正直ものたりなかったな。
読了日:2月25日 著者:西村 克己
あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)感想
異常側は自分には関係ないと思いがちだ。しかし心のバランスをほんの少し崩すと異常側に倒れる事もある。そうならないためには自己肯定感が重要である。誰にでも起こりうる異常心理。ちょっと怖いけど理解しておいて損はないだろう。
読了日:2月24日 著者:岡田尊司
統計学が最強の学問である統計学が最強の学問である感想
やっぱり統計学を真面目に勉強しなきゃダメだ。という意識があって読み始めた。統計学の基本が押さえられているが読みやすい。もちろん入り口の本だからもっと手強い本にも取り組まなければならないだろう。でも統計は苦手と言う人も読んで見る価値があると思う。良い本。
読了日:2月23日 著者:西内 啓
強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く感想
面白かった。今まで読んだ同種の本の中では一番分かり易かったと思う。ここから超弦理論にジャンプできるかなあ。読みかけのままになっている本にもう一度挑戦する気になってきたぞ。
読了日:2月19日 著者:大栗博司
2014年、中国は崩壊する (扶桑社新書)2014年、中国は崩壊する (扶桑社新書)感想
タイトルが煽り過ぎの感じはするが、現在の中国の実態についてわかりやすく分析している。事が起きた時の準備はしておかなくてはならないのは確かだ。日本人にその準備ができているかと言われると心許ないのは確かである。
読了日:2月11日 著者:宇田川 敬介
池上彰の政治の学校池上彰の政治の学校感想
政治についてはポピュリズムに踊らされずに冷静に見ていく必要があるということを学んだ。若い人が政治についてもっと学ぶ必要があるということにも賛同する。選挙に行かずに文句ばっかり言うのはただの駄々っ子ということに気づかなきゃね。
読了日:2月11日 著者:池上 彰
英語を本気でモノにするための学習法 (FORWARD石渡誠の「英語力と発信力を鍛える」シリーズ)英語を本気でモノにするための学習法 (FORWARD石渡誠の「英語力と発信力を鍛える」シリーズ)感想
本気でこの方法で学べば英語力がつけられる気がする。チャレンジする勇気が出てきた。
読了日:2月10日 著者:石渡誠
英語を本気でモノにするための心構え (FORWARD石渡誠の「英語力と発信力を鍛える」シリーズ)英語を本気でモノにするための心構え (FORWARD石渡誠の「英語力と発信力を鍛える」シリーズ)感想
僕は心構えができていないなあと痛感。英語だけでなくあらゆる分野に通じる人生哲学がここにある。
読了日:2月8日 著者:石渡誠
佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)感想
空間の整理、情報の整理、思考の整理。簡単にできることではないような気がする。でもまず空間の整理から始めてみたいと思った。「整理」のできる人間になりたい。
読了日:2月8日 著者:佐藤 可士和
ビッグデータの衝撃ビッグデータの衝撃感想
ビッグデータに関する技術、用途、事例、必要な知識などがコンパクトにまとまっている。ひとまずビッグデータが何か知りたい人にオススメ。
読了日:2月6日 著者:城田 真琴
銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)感想
八軒らしいというかなんというか。次巻が楽しみだ。
読了日:2月3日 著者:荒川 弘
スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室感想
自分の脳のはたらきかたをもとに、心の動きとその取り扱い方について事例をもとにとてもわかりやすく解説した講義録。なぜできないのか、なぜそうしてしまうのか。毎日直面する問題への解決策を示していて興味深い。「ダイエットをすると太る」という言葉に興味を持ったら是非読んで欲しい。
読了日:2月3日 著者:ケリー・マクゴニガル
ちはやふる(19) (BE LOVE KC)ちはやふる(19) (BE LOVE KC)感想
またまた強そうなキャラが出てきて盛り上がっております。が、こんなに伏線はって処理しきれるのか心配になってきました。。。
読了日:2月1日 著者:末次 由紀

読書メーター







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.