野菜が食べたい


家に帰ってきたらLANの調子が悪いと家人が言う。調べてみるとルータがダウンしているようで、電話もつながらない状態になっていた。とりあえずソフト的にリブートをかけようかと思ったのだが、この間からなんとなくネットワークの不調を感じていたことを思い出した。こういう時は一旦電源を落として立ち上げ直すのが多少乱暴だが安定するという経験則を持っているのでやってみることにした。しかし、ルータというのはどういうわけか電源スイッチは付いていないもので、コンセントを抜くしかない。ゴタゴタとケーブルの集まっている机の下でルータの電源ケーブルを辿ってプラグを見つけ、ヤッと引きぬいてしばらくしてからプラグを差し込んだ。そうやって立ち上げたら何事もなく動き始めた。心なしかブラウジングのスピードも上がった感じ。IT機器はたまに電源を落とさないと何か起きるのだ。

無事にネットワークが復旧したところでFacebookを見ていたら、勝間和代さんが「健康になるロジカルクッキング」というKindle本を出したと書き込まれたところだった。100円なのですかさずリンクをクリックしてポチッとしてしまった。早速読みだしたのだが、淡々とロジカルクッキングのことを書いてある本なのに、「野菜」とか「豆」とかの文字がとても美味しそうに感じる。なんだか不思議な本だ。

僕は野菜が大好きで、生のままで一皿くらいは簡単に食べてしまう。ホントはもっと食べたいのだけれど、野菜だけというのはこの時期とても贅沢だ。やっぱり豆を合わせないとご飯の量を減らすのが難しいなと思う。とすると豆を調理するための調理器具がいる。勝間さんは自分でいろいろな調理器具を買って試しては情報発信をしていて、「暮しの手帖」みたいな人なのだが、あまりなじみのない調理器具が出てきて、ロジカルクッキングを実践しようと思うとそういう調理器具を入手するのが手っ取り早そうなのがちょっと大変だ。

というわけで、本を読みながらいずれはおいしい野菜や豆を食べられるように調理器具も揃えてみたいと思ったりしている。

あっという間に読めてしまう本だけど、健康に痩せたい人にはオススメだ。

あ、まずはKindleかKindleアプリを入手しないといけないよ。

健康になるロジカルクッキング
勝間和代

健康になるロジカルクッキング

by G-Tools

カテゴリー: 健康, 学び, 日々, タグ: パーマリンク