読了:こころで視る・知る・理解する 認知心理学入門


来学期に認知心理学を履修しようと思ってなんとなく放送大学叢書を眺めていたら見つけた本。認知心理学の本は一冊持っていて、それはどちらかというとシミュレーション系の本だったのだが、この本はいろんな物語の引用などでこころの姿とか捉え方とかを書いた本である。臨床心理学にもちょっと触れたりしてわりと広く浅く学べる感じの本だ。

臨床の話は最終的に自己実現につながるのだなあ。なんて思いながら読み終わった。

〈こころ〉で視る・知る・理解する 認知心理学入門(放送大学叢書)
小谷津 孝明

〈こころ〉で視る・知る・理解する  認知心理学入門(放送大学叢書)
自己を見つめる (放送大学叢書 6) こころと脳の対話 (新潮文庫)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 思考, 日々, タグ: , パーマリンク