夢の話


見ている夢の内容、解読に成功 脳活動パターンから

今日のニュースで面白そうだと思ったのはこれ。記事を読んだ限りにおいては特定の個人の記憶に依存するので誰の夢でも解読するというわけにはいかないだろうけど、ひょっとすると自分の夢を記録することができるようになるかもしれないと考えるとなかなか楽しい。

記録を脳の中で再生できるようになったら、起きているうちに夢をもう一度見ることが出来るかもしれない。しかもそれは自分の脳の構造に依存する情報だから他の人にはわからない。なんてことになったら面白いと思わない?

心理学を勉強していると夢のことをよく考える。最近は自分が見た夢を起きた時にもう一度想起するようにして記憶しなおしたりしている。メモするのは誰かの目に触れるかもしれないのでやっていないのだが。

夢を意識して考えるというのは臨床心理学の常套手段なのだ。印象に残った夢はなんだったんだろうと考えるようにしている。本当は夢を人に話してみるのがいいらしいんだけど、夢の話に長い時間付き合ってくれる人はそういないだろうし、細かいところはなかなか説明できないものなのだよね。

夢を簡単に追体験できるようになったら自分のことをもっとよく分かるようになるかもしれないと思うのだ。

面白いな。ホント。

カテゴリー: おもしろ, 思考, 技術, 日々 タグ: , パーマリンク