テキストを通読した


今学期の履修5科目のテキストの通読が終わった。まずは科目の概要を理解することが出来た。

一部の科目は放送授業も受け始めているが、ラジオの科目はなかなか頭に入りにくい。聴きながらテキストを読み、ノートをとる。

僕はノートをEvernoteにとっている。問題なのは会社で放送授業を視聴するときだ。会社のネットワークは基本的に外部へのデータ出力を制限しているのでEvernoteは使えない。自分用のネットブックを持って行こうかとも思ったがそれなりに重たいのでやめにして、聴きながら紙のノートに書くことにした。それを家に帰ってからEvernoteにまとめ直す。

Evernoteのよさは、ノートを行き帰りの電車の中でiPod touchを使って読めることである。スキマ時間で復習ができる。テキストとか紙のノートを取り出すのは狭い車内では大変なので重宝している。試験の時は印刷して持っていく。これが結構な枚数になってちょっと驚いたりする。まあ、半年の講義のノートがそれなりの量になるのはあたりまえのことかもしれないが。

明日からは一日最低一科目放送授業を視聴していく期間にはいる。来月には通信指導の提出があるからそれまでに半分は終わらせる必要がある。8章✕5科目だから40日。まあいいところだろう。たぶん休日には数科目進めることが多いからいくぶんかの余裕がある。

6月と7月には面接授業がある。面接授業は1科目1単位。放送授業は1科目2単位だから今年は上手く行けば12単位取得することができる。仕事が忙しくなることも考慮して少し減らしたのだが、その分卒業がちょっと先になる。現役学生と違って先のことをゆとりを持って考えられるのが社会人学生のいいところだ。

たぶん卒業したら別のコースに再入学することになるような気がする。その上で大学院に挑戦してみようと思っている。研究テーマがおぼろげながら見えてきたのでそれで卒業研究をやって、そこから大学院に挑戦するかもしれない。まだ先の話ではあるがドキドキしつつ楽しみにしている。

まだまだ前途有望な学生気分なのだ。

カテゴリー: 学び, 日々 タグ: パーマリンク