メールをToDoにする


何の変哲もない名前のiOSアプリ「MailBox」。これがなかなかすごい。

前回のブログでも紹介したけど、要するに受信ボックスを空にすることが目標となるメールアプリなのだ。そう、メールがToDoみたいになる。

まだ一週間使っていないのだけれどなかなか良いなと感じている。

これまではGmailの受信ボックスにメールがある程度たまった所でPCでまとめてアーカイブしたり削除したりしていた。読まないメールも相当あった(実際読まなくてもいいメールも結構ある)。それがMailBoxを使い始めてからきちんと整理されるようになった。

受信ボックスにあるメールでサブジェクトを見ただけでどうでもよいと思ったら素早く右スワイプで削除操作。とりあえず読まないけど取っておきたい(後で検索するかもしれない)メールはゆっくり右スワイプしてアーカイブへ。あとで読むメールは左スワイプで読む時間を指定しておく。直ぐ読みたいメールはタップして読んで、アーカイブまたは削除。

こうやるとちゃんと読んで読み終わってもういらないメールは削除するようになった。

受信ボックスがいつも空なのは気持ちがいいので、受信しているのを見つけたらさっさと処理する。ホントにToDoと同じ。おかげでGmailがいつもスッキリ。

ツールによってこんなに行動が変化するというのがすごい。

問題は肝心のホンモノのToDoが上手く使えていないこと。これはなぜかというと仕事の情報をスマートデバイスに持ち出せないことが問題なのだ。

BYODがもっと進んで欲しいとつくづく思うのだった。

カテゴリー: モノ, 働き方, 思考, 日々 タグ: , パーマリンク