読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

日々

9月の読書記録

投稿日:

6冊。一冊は再読。このところ脳科学に凝り始めている。心理学も脳を理解するのが今のトレンドなのだ。少し厚めの本をじっくり読むのでそれほど冊数は進まないが充実している。いい読書の秋だ。

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1035ページ
ナイス数:11ナイス

ビジュアル版 脳と心の地形図―思考・感情・意識の深淵に向かってビジュアル版 脳と心の地形図―思考・感情・意識の深淵に向かって感想
まさに脳の地形図。脳の中の部分とその機能について詳細な症例とともに説明している。意識や心についてはまだわからないというのが本当のところだ。でも脳の仕組みの中にそれらが含まれていると筆者は考えている。まだまだむずかしい問題だけど、面白いことには変わりない。
読了日:9月26日 著者:リタカーター
問題解決の進め方 (放送大学教材)問題解決の進め方 (放送大学教材)感想
とりあえず通読。
読了日:9月26日 著者:柴山盛生,遠山紘司
マインド・タイム 脳と意識の時間マインド・タイム 脳と意識の時間感想
意識が何かをしようと認識する500msも前に脳の活動は始まっているという。無意識の領域にはまだまだ大きな謎が隠されているようだ。詳細な実験データも記され、かなり哲学的でもあることから内容を完全に理解するのは容易でない。しかし、意識とか心を理解するには重要な知見が記されている。少し頭を整理してもう一度読み直したい。
読了日:9月23日 著者:ベンジャミン・リベット
脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)
読了日:9月16日 著者:前野隆司
ぐっちーさん 日本経済ここだけの話ぐっちーさん 日本経済ここだけの話感想
希望を持って進んで行こう。って気分になる本。ひとえにぐっちーさんの人間性の成せる技だと思う。
読了日:9月2日 著者:山口正洋
カール教授の好きなことで成功する天職との出逢い方カール教授の好きなことで成功する天職との出逢い方感想
ひとつひとつのステップのハードルが高く感じる。このやる前から敗北感を持つのが僕の欠点なんだろうなあ。内容はなかなか面白かった。
読了日:9月1日 著者:平野敦士カール

読書メーター







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.