パソコンを触らなくなった


というのは、家での話。仕事では一日中パソコンにとっついていて、もちろんパソコンがないと仕事にならない。
て、家での話。
一日中パソコンの画面に向かっているのだから、家ではできれば触りたくないという心理も働いているが、実際にはiPod touchがあるからというのが正解だ。
まずパソコンのログインにかかる時間が煩わしい。今やろうとしていたことを忘れるくらいの長さだ。それによく使うSNSなんかはアプリの方が使いやすい。自分が動くことなくすぐに使えるマシンが手元にあればパソコンまで動かなくてもいい。
ここまでパソコンを使わなくなった理由の大きな部分を占めるのがiOSでの入力の容易さである。英文を打つなら厳しいソフトキーボードのサイズ、日本語ならフリック入力で楽々である。このブログもお昼に更新できているのはそのおかげだ。この程度の長さの文章なら苦にならない程度に操作がこなれている。
こうなるとパソコンを使うのはプログラムを書くときくらいかもしれない。少なくとも僕はそうなってしまった。
もちろん他にもパソコンを使わなければできないことは多いけど、僕の電子生活の中心はパソコンではなくなってしまったということだ。
なかなか素敵な時代がやってきたなと思うのである。

カテゴリー: モノ, 技術, 日々 タグ: , パーマリンク