仕事の区切りをつけること


昨日は20:00頃まで仕事をしていた。世の中、いや自分の会社の中にももっと残業をしている人がいるのはわかっている。でもあえて考えたことを書く。
僕にとって20:00まで会社にいるというのは良くないことだ。別に残業しろと言われたわけではなく(というか残業はいちおう命じる立場なのだが)自分の仕事が少し面白くて区切れなかったのだ。
この時間に会社を出ると家に着くのは21:00頃である。それから夕食をとり、風呂に入ると22:00くらい。僕は23:00には寝床に入ることにしているから残り一時間。この間にまとまった勉強をするのはちょっと難しい。家族と話す時間も必要だし、読みたい本もある。
勉強をする時間はせめて二時間欲しいところだが、平日は集中できる一時間が貴重なのである。
そんなわけで残業は19:00までにしたいところだ。今はきちんと時間を管理すれば可能な立場にいる。
それなのに貴重な一時間を仕事に使ってしまった。この分は休日にでも取り返さなければならない。
日本の職場は労働生産性が低いそうである。いろいろな事情がそう言う結果をもたらしているのだろうが、もっと自分の時間を大切にすれば生産性も上がるのではないだろうか。
時間管理は大切。あらためて考えてしまった。

カテゴリー: moblog, 働き方, 日々 タグ: パーマリンク