昨日のブログで、残業をあまりせずにさっさと帰らないと時間がもったいないという話を書いた。
で、昨日は定時で帰るのを推奨される日だったので定時で帰った。さぞ勉強時間が取れるだろうと思ったが、実際には勉強には手をつけられなかった。
仕事が難しいところにさしかかって中途半端だったということもあるのだろう。疲労感を強く感じて何もする気にならなかったのだ。
週の半ばになると疲れたと感じる。一番嫌いなのは木曜日。疲労が溜まってきたところにまだ一日仕事があるという状態。金曜は疲れていても明日は休みだという思いでやり過ごせる。
一週間のリズムがこうなっていて、水曜あたりから疲れを感じるのだ。
前日張り切って残業したのも影響したかもしれないし、もっと長い周期の蓄積があるのかもしれない。会社で自分が思っているよりも全力を出しているのかもしれない。
しかし人生は会社だけではない。先のことにも備えなければならない。だから今、勉強しなければならないこともある。そのための余力を残して仕事をするのが正しいと思う。
僕の仕事は頭を使うことだ。脳に疲労を残さないためにはどんな方法があるだろう。体を動かすのもいいのかもしれない。何か工夫が必要だ。
なかなか難しいことだけれども。