モバイルルータをWiMAXからdocomoのLTE端末に切り替えて一週間ほど経ったので使用感を少し。
まず、バッテリーの持ちが言うことなく良い。まあ、もともと他のガジェットに充電することを想定して大容量のバッテリーを積んでいるわけだから当たり前といえば当たり前なのだが、前の端末がせいぜい5〜6時間しか保たなかったことを考えると、平日の通勤と勤務時間、多少の残業をしても目盛りがひとつ減る程度というのはなかなかすごい。おまけに帰宅してパソコンにつないで充電したらその日のうちには充電完了してしまう。全く電池切れの心配がないというのは精神衛生に良い。
次にパケットの使用状況。上限7Gというのが心理的に負担となって思いっきり使えない感じではあるのだが、週末に家族揃ってiPod touchをつないで出かけた分も含めて使ったパケットは200M強。もちろん動画とかアプリのアップデートはやめておいてなのだが、同じ使い方なら月に1Gくらいで済む計算。もう少し思い切って使っても大丈夫そうだということがわかった。とはいってもSNSとブログ書く程度ならほとんど青天井か。あとはFacebookとかにくっついている動画を見るくらいなら問題なさそうだな。
次は接続性。あまり地下を歩いたりということがなかったのでまだわからないが、建物の中での接続は明らかにWiMAXに勝る。そのうち郊外に出てWIMAXが通じなかったところを試してみたいと思っている。そういえば駅から歩いて15分の実家もWiMAXが繋がらなかったんだっけ。まあ、docomoのネットワークなら問題ないだろう。
次にスピード。端末の起動は速い。10秒くらいか。SNSを使っている分には全く遅延感なし。まあ、これは当たり前か。動画や音声を試さないとわからないのだけど、僕はそういうのほとんど見ないので保留。電子書籍のダウンロードをやってみたけど特に遅いとは感じなかった。チェ・ゲバラ伝一冊10秒くらいか。これも問題なし。
と、ざっくり見てきたが、僕の使い方なら性能的には全く問題を感じない。
料金はWiMAXのほうが月額数百円安い。
でも多分僕の行動エリアをほぼカバーしているはずなので少しのコスト増は納得の範囲。
今のところモバイルルータの乗り換えは成功したと感じている。
来月になったらプロバイダとか付加サービスの見直しをして料金の最適化を考えてみようと思う。