本を読みたい


仕事の他に大学の勉強をしていると、読書の時間がうまくとれない。と言っても、本を全然読んでいないというわけではない。勉強のための本は読む。これがまた専門書で厚かったりして読むのに時間がかかる。そういう本はななか買えないので図書館から借りるから、期限までに読み切るために時間を取らなければならない。今読んでいるパーソナリティの本は二段組で500ページを超える本で、一ヶ月の借用期間のうち三週間かかってやっと半分近くまで進んだところだ。多分延長が必要だができるのかどうかわからない。
そんな本ばかりでなく小説なども読みたいのだ。そこでkindleの出番となる。
とりあえず面白そうな本を買っておいて、通勤時間に読む。それ以外にも休憩時間などちょっと時間がある時にせっせと読む。これで少しは読書ストレスの解消になる。
ただ、小説は装丁などを楽しみたいこともあってkindleでは買わないことにしているから、小説を読みたい欲求はなかなか解消できない。Amazonがアメリカで始めた紙の本を買うと電子本が格安で買えるサービスが日本でも始まったらいいのにと思っている。
あと欲しいのは速読の技術だ。専門書やビジネス書の類は速読したい。大量にインプットするのが勉強には必要だと思うのだ。
じっくり好きな本だけを読むことができたらどんなに幸せなことだろう。
大量の未消化の技術書をつみあげた会社の机に座って毎日そんな事を考えている。

カテゴリー: moblog, 働き方, 学び, 日々, タグ: , パーマリンク