本の処分


うちにはストーブ解禁日というのがある。通常11月20日ということになっている。比較的断熱のしっかりしているマンションなら耐えられないこともないので、今年はまだストーブを使っていない。
使っていない理由は他にもあった。増え続ける本がストーブのそばに置いてあって、それをよけなければならないのだった。というわけで、ホントにいらない本をブックオフに持ってきた。ほとんど値がつかないだろうけど。
僕は本を売るとかは考えられないほうで、いらなくなるような本もまず買わない。だから家の中には本がどんどんたまる。段ボール箱に入れたりして積んであるのだが、これだと読みたい時に取り出せないので困る。ちゃんとした本棚が欲しい。
今日は家族が自分のいらない本を処分するということでブックオフに来たけど、本当に珍しいことなのだ。
まあ、それだけなんだけとね。

カテゴリー: moblog, 日々, パーマリンク