風邪・社会・生き方


オフィスのあちこちで咳が聞こえる。かく言う僕も少しばかり咳が出る。寒くなって行くこの季節の風邪はしつこいらしい。
今年の夏は暑くて、それでいて寒くなるのは急だった。しかしうちではまだストーブを使っていない。なんとなくタイミングを失っているというか、まだ厚着をすれば大丈夫という感じで過ごしている。もちろん灯油が高いというのもある。だけどからだをしっかり温めないと風邪は治らないのかなとも思う。次に雪が降ったらストーブを使い始めよう。なんて往生際が悪いかな。

政策的な円安や、原発問題で足下を見られての原油高は北国の暮らしには厳しい。景気が回復しているなんて大本営発表を平気で流すマスコミをみていると、昔のように戦争が近づいているのではないかと心配になってくる。周辺は確かにきな臭い。

産業は新しい世代に移り変わりつつある。僕の世代は一生のうちに衰退産業を経験する世代のようだ。揺れる船からいかにして次の船に乗り移るか。正念場が近づいている。
闇はまだ深い。

カテゴリー: moblog, 思念波, 日々, 社会 パーマリンク