やりたくないモノは見えない


デザインイメージがあって、仕様書はなく、動作のよくわからないところは想像でカバーして、それをステークホルダー間でチャット使って議論して仕様にする。みたいな仕事の仕方を試している。
程度の問題ではあるのだが、このやり方だと、デザインイメージにあるんだけど他のやりかたで代替してしまって、それで機能は満たせるからいいや。ということもままある。
すると、とある機能がすっぽ抜けてしまうことがある。たぶん他の機能と混同しているんだろうけど、大抵はちょっと面倒な機能で、やりたくないなーと思っているところである。でもって、そこは実は掘り下げるとなかなかに大変な機能であったりもする。
そういう場所は、デザインイメージから忽然と消える。いや見えなくなる。が、ひと通り実装が終わったなあという頃に、粗探しをするようにデザインイメージをみていると、それがひっそりと現れる。ギクっとしつつ、やっぱりやらなきゃいかんわなあ、と思い腰を上げる。というのが今の段階。
ほんの少し見えている短い紐を引っ張ったら、ラスボスが出てきた。ってことがないように。ここは祈るしかないな。
午後に戦おう。

カテゴリー: moblog, 働き方, 技術, 日々 パーマリンク