タイトルを先に書くか、後でつけるか、なかなか面白いテーマである。
このブログは、大抵タイトルは後でつける。書きながら考えているので、最終的にどこに向かうかわからないからだ。
しかしそれでいいのだろうか。
茂木健一郎さんの連続ツイートも考えながら書いていながらテーマは一貫している。先に書くテーマを決めているわけだ。それはすごいことだと思う。いつもなにか感じていることを忘れずにいて、いつも問題意識を持っているのだろう。本を書くような人はそういうものなのかもしれない。論文なんか特にそうだろう。
でも僕は書きながら考えてどってに行くかわからない状況を楽しんでいる。書いているうちに最初とは全然違うところに行き着いたりすれば面白いなと思ったりする。そういう文章が椎名誠のエッセイだ。急に話題が変わるのも良くあることだ。それが身近な感じで楽しい。
文章を連ねていくのが楽しいという書き方もあるのだととりとめもなく今日も結論めいたことを書いておくことにする。さて、タイトルはどうしようかなあ。