今年最初の買い物はnexus7。ヨドバシのポイントがモバイルルータを買ったときにまとまった額になっていたので何か買うものはないかと考えていたのだ。
タブレットはまずまずの買い物だと思っていたのだが、なかなか使い道が思い浮かばなかった。なにしろiPadもろくに使わなかったのである。極小タブレットとしてのiPod touchに十分満足していて、今やPCを立ち上げるのも面倒なほど活用しているのだ。わざわざ大きいタブレットを買うまでもないと思っていた。
しかしそこに用途が訪れた。論文を読むことである。
学術論文のフォーマットというのは伝統的に二段組みで、雑誌でよく見かける形だ。しかもハードコピー形式なのである。要するに小さい画面では左側を読んだら右上に進み、下まで読んだら次のページに行ってまた左から読み…と面倒なのだ。これはiPod touchにだけ言えることではなくて、PDFをPCの画面で見るときもあまり変わらない。縦に1080pxではフォントが汚くなって読めたものではないのだ。
これが今時の高い解像度の画面を持つ7インチタブレットでバッチリ読めるのだ。PDF化された論文を表示してみると縦モードで1ページ分がちょうど入るのだ。しかもフォントが美しい。
じゃあどのタブレットにするかと考えて、やっぱりGoogleのnexusでしょうというわけ。軽いしサクサク動くしOSも最新だしね。

で、少々操作に戸惑いながらも放送大学の放送授業を見られるようにし、人工知能学会の論文誌を読めるようにし、kindleアプリを入れて本を読めるようにした。
やっぱり新しいものはワクワクする。
気に入らないところはテンキー入力でキーが大きすぎることくらいかな。逆にQWERTYは打ちやすいかもしれない。
使えるアプリを探して行くのも楽しそうだ。
さて、いつまで飽きずに使えるかな?

20140102-135800.jpg