昨日は何も知らないでロボットの話を書いたんだけど、午後になってSoftBankからPepperという家庭用ロボットが出るって情報を知って、いよいよ来たのかと思った。値段を見て、少し買う方法を考えた(あの値段、よほど我が家の大蔵大臣と協議がいる^^;)のだか、値段がどうこうよりあの大きさのものを置く場所が家にはないということに気がついた。日本ではそういう家が多いのではないだろうか。そんな訳で協議の必要がなくなってめでたしめでたし。
とりあえずロボットの話は置いて、今日はいつも持ち歩いているiPod touchの話。
最近どうもバッテリーの保ちが悪くて不便に思っていた。もうバッテリーがヘタったのかと半ば諦めつつ使っていた。何しろ夜に家に帰る時には20%アラームが出る状態だ。冬は悲惨で、寒いホームでポケットから出しただけですぐアラーム。薄い本体が仇になっているんだろうなあなんて考えていたのだ。
しかーし、実はそういう問題ではなかった。たまたま設定を眺めていたら、バックライトが全開になっていることに気がついた。こりゃバッテリー食うよなと思って40%くらいまで減光してみた。屋内で使うにはなんら問題ないが、明るい外ではほとんど画面が見えない明るさであるが、この効果は絶大で、夜遅くに帰っても半分くらいのバッテリー消費で済むようになった。
これで当分安心して使うことができる。
Appleがとても素晴らしい次世代機を出すまでは。
話はちょっと変わるが、僕のiPod touchはアイコンがほぼいっぱいだ。生来の新し物好きに片付け下手が同居しているのでゴチャゴチャである。なんとか整理を試みてトップページとその次のページくらいによく使うアイコンをあつめてあるのだが、たまにあのアプリを使おうとか思ってしまった時には探すのが大変である。このブログを書いているWordpressアプリもどこにあるのかわからない。そんな時は画面をサッと下にフリックして検索画面にしてアプリを検索するのですね。wと一文字入れれば候補の最初にWordpressが出てきてそれを選べば良い。早い。もうアイコンがどこにあるか気にしなくてもいい。これってコマンド覚えて使うUNIXとかと似てるよね。
ってわけでやっぱりiOSのUIはなかなかよくできてるななんて思ったりしているわけです。
僕がAndroidに移れないのはこういう使いやすさとこれまでに集めてしまったアプリの量が理由なのだな。
多分余程のことが起きない限り、最小のタブレットであるiPod touchは手放せないと思うのである。