5月は4冊だったか。6月は全然読めてないな。時間の使い方を工夫しないといけないようだ。

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1240ページ
ナイス数:36ナイス

ピアノの森(24) (モーニングKC)ピアノの森(24) (モーニングKC)感想
電車の中で涙が出そうで困った。カイの演奏が終わった。ひと山越えた感じ。続きはまただいぶ先なんだろうなあ。

読了日:5月27日 著者:一色まこと
陰陽師 酔月ノ巻陰陽師 酔月ノ巻感想
相変わらず酒が美味そうである。一話一話大事に読んだ。心の休まる話ばかりなのである。
読了日:5月21日 著者:夢枕獏
江戸の読書会 (平凡社選書)江戸の読書会 (平凡社選書)感想
予想していたよりも歯応えのある本だった。会読、輪講といういわゆるディベートの方法は、今の教育に欠けた何かを補うような気がする。今流行っている読書会はもう少し穏やかなものだろうが、根底に遊びの精神があるところは江戸の会読と似たところがあるかもしれない。僕も読書会、読書サークルに参加してみたくなった。
読了日:5月17日 著者:前田勉
心理療法と医学の接点 (京大心理臨床シリーズ)心理療法と医学の接点 (京大心理臨床シリーズ)感想
心理臨床と、医学の臨床の接点となる現場で起きているある意味で生々しいケース、問題、課題が浮き彫りになった良書であると思う。医療と心理が案外遠い存在であることにも驚かされた。より内面に向かう人々の営みの中に、心理の世界がもっと必要とされるのは間違いない。心理を学ぶことはその先端に立つことなのだと言うことを強く感じた。
読了日:5月1日 著者:

読書メーター