読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

健康 思考 日々

謎の腫れ物

投稿日:

さっきからアキレス腱の横が痒い。いくら掻いても痒い。この感じは蚊に刺された感じだ。うちのマンションの周りでかを見ることなんかないんだけどな。
踵とか、足の甲とか、手の甲、指なんか刺されるととんでもなく痒いよね。そんなとこ刺されたのはずいぶん前にキャンプに行った時以来ないけれどね。
蚊に刺されるのとはちょっと違うんだけど、膝とかにプツンと刺されたようななとができて、その周りが腫れて痛むことがある。同じようなことが足の親指に起きて歩くのが大変なほど痛むことがある。親指周辺が腫れるとまず疑われるのは痛風で、血液検査になるのだが、尿酸値は至って正常で、結局何かの感染症だといけないからと言うことで数日抗生剤を打ちに通うのと、湿布をするくらいの処置で、結局何者かわからないうちに気にならない程度に治ってしまう。痛みがひどい時は冷やすと楽になるので、足に保冷剤を巻いたりする。そんなことが数年に一回くらいある。病院を変えても原因は不明なのだ。
まあ、しょっちゅう起きるわけではないし、対処法もだいたいわかったから心配はしていないのだが、人の体にはわからないかとがまだまだあるんだなあと思い知らされる。
最近興味を持っている脳のことも、ミクロなレベルではずいぶんいろんなことがわかってきたけれど、神経細胞のネットワークの仕組みをはじめとしたマクロなレベルでは謎が多いらしい。確かに何億もの細胞がそれぞれ複雑に繋がっているネットワークを解析するのは簡単な仕事ではないし、組織が生きていないと解析できないと言うのは大きな制約なのである。
体には日常的になにかの異常が起きていて、それを正常にする働きとバランスしている。異常と言うのは実は間違っていて、進化の途中なのかもしれない。淘汰されずに残ったものが進化になるのだろう。
ほんの少し体に変調を感じたとき、よくこんなことを考えるのである。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-健康, 思考, 日々

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.