ドイツでビールを飲みたい


先週の土曜日に、始まったばかりの札幌大通ビアガーデンに行った。夏とはいっても札幌では夜になると寒いことが多いので、僕は休日の午後に行くことにしている。明るい日差しの中で飲むビールは美味いものだ。
大通ビアガーデンは、各丁目に大手のビール会社がそれぞれビアガーデンを構えていて、それをハシゴするのも悪くないのだが、日本のビールはどこも似たり寄ったりの味で、ハシゴのしがいがない。
そんなわけで、僕は毎年西11丁目の札幌ドイツ村で飲むことにしている。
ドイツのビールは正直なところちょっと高いのだが、その味を知ってしまったら日本のビールなどサイダーのように思えてしまう。特に小麦で作ったヴァイスはそのフルーティさが病みつきになる感じだ。流石に液体のパンと言われることもある通りで、どっしりと腹にたまる感じのコクのあるビールなのである。
この美味いビールを飲んでいると、ぜひ本場のドイツでビールをしこたま飲んでみたいと思うのである。
今は東欧がかなり物騒なのが気がかりだ。平和じゃないとのんびり美味い酒なんか飲めないからなあ。平和は大事だと思うのである。真面目な話。

カテゴリー: 北海道, 国際, , 日々, 食・飲 タグ: , パーマリンク