ソースコードのバージョン管理にはgitを使っているのだが、共用のリポジトリを作ったことがなかったので、いろいろ実験、学習用のマシンにgitoliteを入れてみた。とりあえずちょっと関わっているプロジェクトのソースコードを管理するために使い始めた。
バージョン管理というのは奥が深いもので、便利に使うにはそれなりのノウハウがいる。まあ、そこまで行かなくても、古いバージョンのソース群がパッと取り出せるのはありがたい。マメにコミットしておくとか、ブランチで実験とかやると、ソースの書き換えが怖くなくなる。
これはプログラミングだけじゃなくて、長い文章を書く時にも使える。古いバージョンを取り出す機会は滅多になさそうだが、大きく段落を入れ替えたり、論理展開を変えたりする時は、前の方が良かったと思うこともありそうだ。多分論文とか書いている人は使っているんだろうなあ。
最近はタブレット用のgitクライアントなんてものもあって、テキストの書き換えができたりもする。前との差分をとってレビューするとか、使えなくはない。
こんな感じで、肝心の中身を作るよりgitの操作に凝ってみるという本末転倒なことをやっている今日この頃なのである。