「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

日々

11月の読書記録

投稿日:

5冊。まずまず。とはいえマンガが2冊か。

あとはKindle本ばかりなんだけど、小説はKindleで読まない縛りがあるので、つい楽なKindle読書が増えて小説がなかなか読めない。小説読まなきゃ。とは言え読みたい技術書もあるし、放送大学の勉強もあるしで、追われる気分だけでちょっと焦って時間が上手く使えない感じ。困ったなあ。

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1201ページ
ナイス数:21ナイス

寂聴 般若心経 生きるとは (中公文庫)寂聴 般若心経 生きるとは (中公文庫)感想
一度きちんと学んでみようと思っていた。寂聴さんの語り口はわかりやすいけれども、やっぱり難しいな。人生の課題だな。
読了日:11月29日 著者:瀬戸内寂聴
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)感想
年齢的には穏やかなトレーニングになる時期か。まあそれでもトレーニングをしたほうがいいかもなあ。身体が変わると気持ちも変わるだろうから。
読了日:11月22日 著者:山本ケイイチ
つげ義春コレクション ねじ式/夜が掴む (ちくま文庫)つげ義春コレクション ねじ式/夜が掴む (ちくま文庫)感想
寝ているときに見ている夢を素直に絵にしたらこんな感じかなあ。ねじ式をはじめとするつげ義春の作品がが当時の人たちに与えたインパクトというのは相当タブーが取り払われてしまった現代ではわからないものかもなあと思ったよ。
読了日:11月19日 著者:つげ義春
無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント NHK出版新書無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント NHK出版新書感想
学習性無気力とは、無気力を学習してしまうというもの。実験心理学で研究されてきた。これがうつにも関係しているらしいことが示されている。それに対して、無気力にならないための方策も考察している。本書ではふれられていないが、認知行動療法がうつ状態になりやすい傾向を修正する可能性も示唆していると思う。とても役に立つ内容だった。
読了日:11月16日 著者:大芦治
ピアノの森(25) (モーニング KC)ピアノの森(25) (モーニング KC)感想
あと1巻かあ。長かったなあ。最後はどうなるんだろう?楽しみだなあ。
読了日:11月13日 著者:一色まこと

読書メーター

-日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.