雨降り道玄坂


大晦日、うちでは紅白歌合戦も笑ってはいけないも見ずに、Wii Uを使ってカラオケ大会をやっていた。おかげで喉がガラガラの新年を迎えたのだ。
懐かしい歌をずいぶん歌った。10代の頃はフォークをよく聴いていて、フォークギターを練習してよく歌ったのがふきのとうだった。同級生にふきのとうの細坪さんの従兄弟がいたりしてなんとなく身近だった。
その楽曲のなかでも好きだったのが「雨降り道玄坂」で、大晦日のカラオケでももちろん歌った。それ以来この曲が頭の中でヘビーローテションになってしまって止まらない。今日も朝から「あめーふりのーどうげんざか ばすをまつーあなたのー」とグルグル回っている。
考えてみればもう40年近く前の曲ではないか。懐メロもいいところである。子供達には全くウケないのだった。
昔の歌は今の歌のように歌詞が詰まっていなくて歌いやすいのだな。
「雨降り道玄坂」をググったらなんか洋食屋さんが引っかかってくるのね。間違いなくふきのとうファンがオーナーの店なんだろうな。

カテゴリー: 日々, 音楽 パーマリンク