読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び 日々

7月の読書記録

投稿日:

6冊?あれ?おんなじ本が2回表示されてるじゃないか。html直すの面倒だからそのままにしよう。検索できなかった本をもう1冊読んだので全部で6冊。まずまずというところかな。Kindle本ばかり読んでいる。紙の本も少しよまなきゃな。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1164ページ
ナイス数:29ナイス

立ち読みしなさい!: ~美しいほどシンプルな成功術立ち読みしなさい!: ~美しいほどシンプルな成功術感想
ゴールを決めること、抽象度の高い考え方をすること。自分のリーダーになること。毎日思い起こそう。
読了日:7月23日 著者:苫米地英人
データ匿名化手法 ―ヘルスデータ事例に学ぶ個人情報保護データ匿名化手法 ―ヘルスデータ事例に学ぶ個人情報保護感想
匿名化の必要性と手法の概略はざっと理解できた。ただし、実際のデータ加工手法はこの本ではよくわからない。事例がカナダの医療システムを対象としていて、その用語はそのまま使われているので余計わかりにくい。実用の際には加工手法を自分で考える必要がある。その際のヒントにはなるだろう。
読了日:7月22日 著者:KhaledElEmam,LukArbuckle
銃・病原菌・鉄 下巻銃・病原菌・鉄 下巻
読了日:7月20日 著者:ジャレドダイアモンド
銃・病原菌・鉄 下巻銃・病原菌・鉄 下巻感想
現在の世界がどうしてこうなっているのかという疑問に大胆に斬り込んだ本。ザックリしているが、ある程度納得できる結論を出していると思う。さらに歴史研究は進んでいくだろうが、全地球的歴史研究の道筋をつけたのは素晴らしい功績だと思う。
読了日:7月20日 著者:ジャレドダイアモンド
マネーと国家と僕らの未来マネーと国家と僕らの未来感想
面白かった。仮想通貨を軸にして国家とか教育とか個人の生き方まで語ることができるというのは相当頭の柔らかさが必要だと思う。僕が爺さんになって死ぬ頃には随分違った世の中になっているんだろうな。
読了日:7月20日 著者:堀江貴文,茂木健一郎,金杉肇
銃・病原菌・鉄 上巻銃・病原菌・鉄 上巻感想
農耕が広がる過程が興味深かった。病原菌の発生と広がり方に地域的な偏りがあるのも歴史に大きな影響を与えた。人類の長い旅路がコンパクトにまとまった本だ。下巻が楽しみ。
読了日:7月2日 著者:ジャレドダイアモンド

読書メーター







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.