読了:長く素晴らしく憂鬱な一日


シーナさんは少し病的な文章を書くことがある。特にフィクションを書くときはそうだ。この本はタイトル通りその手の本だ。半分くらい実際の日常が混じっているようなとことが面白いのだ。

人生にはこんな一日が一回くらいはあるような気がする。

長く素晴らしく憂鬱な一日 (角川文庫)
椎名 誠

長く素晴らしく憂鬱な一日 (角川文庫)

by G-Tools

カテゴリー: タグ: パーマリンク