仮読了:ブロックチェーンの衝撃


レゾナンスリーディングで読んでみた。この手の複数の著者の論文集のような本の場合、章ごとにチャートを書いて読むのが良さそうだ。でもそれじゃ速く読むことにならないかな。

ざっくり読んでみた感じは、金融おいてはブロックチェーンを使った決済コストが劇的に下がる可能性が高いこと、それ以外の分野でも台帳が使われているところでは活用ができて、モノの動きとカネの動きが融合できるというところだろうか。IoTでの使い方はまだ理解できていないが、セキュリティやデータの更新の信頼性、処理の高速性に寄与できそうである。

というわけで、まだ衝撃を受けるほど読み込めていないので、部分を拾いながら継続して読んでいきたい。

いずれにせよ、一度ビットコインは経験してみたいと思っているのだが、まだ投機以外は実用性に乏しいので躊躇している。ビットコインを持つのは難しくないだろうけど、使う方が難しいのだな。

ブロックチェーンの衝撃
ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会 馬渕邦美

ブロックチェーンの衝撃
中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書) 決定版 FinTech VRビジネスの衝撃―「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書 486) Fintechとは何か―金融サービスの民主化をもたらすイノベーション FinTech 2.0ー金融とITの関係がビジネスを変える
by G-Tools

カテゴリー: 技術, タグ: , , パーマリンク