読了:はなとゆめ


清少納言が語る形で描かれた枕草子が生まれるまでの宮中日記という感じかな。

時代を考えると宮中の華やかさというのは特別のものなのだけれど、それが清少納言の言葉で美しく描写されていて楽しい。清少納言はきっとこんな感じの人だったんじゃないかなあと思ってしまう。

著者は歴史上の人物になりきって書いていくのが得意らしい。面白いな。

はなとゆめ (単行本)
冲方 丁

はなとゆめ (単行本)
光圀伝 もらい泣き 光圀伝 (下) (角川文庫) 光圀伝 (上) (角川文庫) むかし・あけぼの 上 小説枕草子 (文春文庫)
by G-Tools

カテゴリー: 日々, タグ: パーマリンク