読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び 政治 日々

読了:すごいリーダーは脳がちがう

投稿日:

苫米地本を少し読んでみようと思って選んでみた。例によってkindle Unlimitedだ。

極論すると「洗脳」の話になるか。もちろん悪用しようという話ではなくて、リーダーは臨場感空間を作り出して、下の人々を同じ空間の中に取り込む人。という感じかな。まあわかる。

ただ、この本、2009年の本で、賞味期限切れかな。小泉元首相が影響力を持った時代のこと、オバマ大統領が就任してまだリーダーに足るかどうかわからないこととか書かれている。日本の工業力もまだ大丈夫だと言っている(僕はそれは今でも有効だと思うけど)。円高になればメリットが大きいというのは大賛成だけど。

ちょっと古い感じがするでしょ。今はどう思っているのかな。同じようなテーマの今の本が読みたいな。

すごいリーダーは「脳」がちがう
苫米地 英人

すごいリーダーは「脳」がちがう
コーポレートコーチング 下 とてつもない未来を引き寄せる予見力 すべてを可能にする数学脳のつくり方 フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】 「生」と「死」の取り扱い説明書 超訳 空海 (PHP文庫) 夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】 心の操縦術 真実のリーダーとマインドオペレーション もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─ 超「時間脳」で人生を10倍にする
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び, 政治, 日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.