万歳のポーズを2分間。不思議と勇気が湧いてくる。

著者は様々なポーズが人間の心に与える影響を研究している。いろんなエビデンスが紹介されていて、ポーズが気持ちに与える影響がよくわかる。脳は身体のフィードバックの影響を大きく受けるらしい。身体を動かすことが鬱にもいい影響を与えるかもしれない。ヨガの効果についても言及されている。歴史の長いヨガは科学的にも合理性を持っているのだろう。

ちょっと角度が違うけれど、人工知能が人間に近くなるためには身体を持たなければならないということなんだろうな。

少し厚い本だけど、気が小さいとか緊張しいだと思っている人は一度読んで、この本の中に出てくるポーズを試してみるといいかもしれない。

〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)
エイミー カディ Amy Cuddy

〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)
マンガでわかる 最高の結果を引き出す心理交渉術 ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本) 大人の女の話し方 人前で最高の自分を表現するためのパーフェクトガイド 影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果 TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド ワンコイン心理術 (PHP文庫) やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける あなたを変える52の心理ルール (中経の文庫) 超一流になるのは才能か努力か? 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義
by G-Tools