読了:明治維新という過ち


かなり極端な歴史認識に見えるかもしれないが、歴史をマクロでなくミクロで見るとこういうことになるのかなと思う。

今学校で習う歴史は、長州閥史観だと言い切っている。それが日本を滅ぼした(というのが主張)。

なるほどと思ったのは、明治維新がある瞬間に成ったのではなく、連続する時間の中で捉える必要があるということ。そしてその中ではかなり凄惨なことが起きていたということが延々と書かれている。

明治維新の裏歴史として読んでおいていいと思う。

テロリストを生んだ長州から総理大臣が出ている現代はこの本に書かれているようなことにならないことを祈るばかりである。

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト
原田 伊織

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト
官賊と幕臣たち―列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート 大西郷という虚像 偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫) 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 (集英社新書) 賊軍の昭和史 幕末維新史の定説を斬る (講談社文庫) 龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫) 潜行三千里 新書版 「幕末維新」の不都合な真実 (PHP文庫) 幕末維新 消された歴史 (日経文芸文庫)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 日々, タグ: パーマリンク