フィードバックの欠如、マイクロマネジメント、結果より費やした時間を重視、仕事の場所と時間に対する柔軟性の欠如、効率の悪い意思決定プロセス、個人の権限と責任の欠如

これだけ並べて、自分の組織はほとんど当たっていると思うサラリーマンは多いのではないだろうか。このままでは日本の企業はダメになってしまう。

自己満足で空回りしている組織が多い。過去の成功体験は捨てなければならない。危機感を持とう。まずこの本を読んでみよう。

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

ロッシェル・カップ

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?
グローバル エリート 世界で成功する英語力とビジネス力を身につける方法 反省しないアメリカ人をあつかう方法34 (アルク はたらく×英語シリーズ) 外国人部下と仕事をするためのビジネス英語―指示・フィードバック・業績評価 (<CD+テキスト>) グローバル エリートのビジネス・キーワード100 成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方 一橋ビジネスレビュー 2016年SUM.64巻1号 ザ・会社改造 340人からグローバル1万人企業へ 外国人との交渉に成功するビジネス英語 ([テキスト]) あなたの会社が最速で変わる7つの戦略 【新版】動機づける力―モチベーションの理論と実践 (Harvard Business Review Anthology) ホワイト企業 サービス業化する日本の人材育成戦略 (PHP新書)
by G-Tools