「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

読了:読み上手 書き上手

更新日:

ブログが書けなくなって、なんでだろうなあと思ったので、書くことについての本を読むことにした。特にこのブログでは本について書くことが多いので、この「読み上手 書き上手」はうってつけに思えた。新書なのでさささと素早く読めるのもありがたいところだった。というわけで早速読書メモを書くことにする。

しっかり読むためには書くことを意識すること

これは重要なポイントだ。まあ、小説なんかは楽しみながら読めばいいということもあるが、内容をしっかり掴みたかったらやっぱりアウトプットを意識して読んだ方が良い。誰かに感想を話すことを習慣づけるのもいいと思う。断然印象に残ること間違いなし。

書いてあることを何らかの形で抽出すること

実は僕はこの部分の記述が結構苦手だった。この本では本に線を書くことを推奨しているが、僕は本を汚すのが嫌いなのである。本は綺麗なまま取っておきたい派なのだ。

Kindleではマーキングしたところをテキストファイルに落としてくれる機能があって、それが便利だったりするはずなのだが、夢中で読んでいるとマークするのを忘れてしまう。もっと書くことを意識して読んだ方がいいなあ。

紙の本なら、やっぱりキーワードやよかったフレーズを何かに書き出しておくのがいいのかもしれない。スマホでWorkflowyなんかに書き出しておくと便利そうだ。あと、昔よくやっていたのは、本の表紙裏にポストイットを貼っておいてそこにメモする方法。これも手軽でよかったな。

何れにしても本からのエキスを抽出するというのは重要なのだ。

書くときには内容のメモを作った方が良いこと

これね。よく言われることで、とても重要なことだと思うんだけど、僕は行き当たりばったりにどこにいくかわからない文章を書くのが好きだったりするのだなあ。とはいえ、本の感想を書くならやっぱりそんなわけにいかないので、このエントリでは小見出しの部分を本から抽出してメモしておいたのだ。やっぱり書きやすい気がする。習慣づけよう。

説得力のある文章を書くには自分の中での変化を書くことがひとつの手であること

この本を読んで変化したことは、ズバリメモをとることだったな。それによってこのエントリも割とスラスラと書くことができた。

今書きたいと思っているネタが一つあるのだけれど、まだどんな風に書こうか悩んでいるところなのだ。あるものを見て、自分の中の何かが変わったのは確かなんだけど、それをちゃんと書き出してから文章にした方が良さそうだな。

というわけで、書くためにこの本は役立ったような気がする。うん。役立った。

 

読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
齋藤 孝

読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
話し上手 聞き上手 (ちくまプリマー新書) 辞書の仕事 (岩波新書) 原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫) 齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫) やりなおし高校国語:教科書で論理力・読解力を鍛える (ちくま新書) 経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社現代新書)
by G-Tools







-
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.