美深町の「トロッコ王国」に人気--風切る快感、運転士気分 /北海道(Yahoo-毎日新聞)
トロッコに乗るのは楽しそうだ。地域の努力が感じられてほほえましい。
ところで、美幸線といえばあとはレールを引くだけってところまで路盤やトンネルや鉄橋を作っておいて、結局一度も列車が走ることなく廃止された路線。廃線跡はどうなってるんだろう。
高速道路もかつての国鉄の轍を踏もうとしている。まあ、作った道路が利用されないなんてことはないだろうけど、地方に作った高速道路で建設費用を回収するのは不可能に近い。そんなものをつくるくらいなら、国費で国道を整備するほうがよっぽど価値があるし、安く上がると思う。

実際、最近作られている北海道の暫定二車線の高速道路もどきの実体はひどい。路肩に背の高い雑草が生えまくり、田舎の道道(北海道では道道という)よりもひどいと思うような場所もある。対向でおかしな分離帯がついているから一般道よりも窮屈な感じで最高速度が70キロ。一般道の事実上の運転速度がそれくらいのスピードになっているのだから、こんな高速をお金を払って走ろうという人はほんの一部だ。旧国鉄がクルマのほうが便利になっているのに鉄道を建設し続けようとしたのとほとんど同じ事を日本高速道路公団はやろうとしている。
東京に住んでいると、日本中を東京の基準で考えようとしてしまう。しかし、東京は日本の中でもかなり特殊で偏狭な地域であることを忘れてしまうといつまでたっても同じようなことを繰り返すことになる。
高速道路の問題ひとつとっても、やはり地方分権が必要なのだと思う。地域に合った政策、規制、財政を行う権限委譲が必要だ。
ニッポンは永田町の政治屋が思っているほど狭くない。
美幸線の記事からこんなことまで連想してしまった。