読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

おもしろ お金 モノ 学び 技術 日々

FREETELからIIJmioに引っ越してみた

投稿日:

僕はIIJ派

なぜなら、日本の商用インターネットの草分け的存在で、バックボーンがしっかりしていると信じているから。本当のところはどうか知らないけど、そういうわけで僕はIIJmioが始まった時にケータイ時代から使っているのにちっともサービスがよくならないDoCoMoを見放して移行したのだ。

当初、ファミリーシェアプラン(名前が違ったかもしれない)はSIMが3枚までだった。とりあえずは自分と、カミさんと、大学で家を離れる息子の3人分として使い始めた。

しかし、家にいる娘の分はどうしようもなく、娘だけガラケーを使っていた。

それでも時代は進み、やっぱりスマホがいるよねということになった時、まだIIJmioのファミリーシェアプランはSIM3枚までだったので、娘だけ仕方なくFREETELにした。

IIJmioのパケット使用量は10MBのうち、3人でせいぜい半分しか使っていなかった。だから本当は娘もIIJmioにしたかったのである。

FREETELが楽天に?

最近、FREETELが楽天に買収されるということがあった。僕はアンチ楽天なのである。楽天のショップで買い物を少ししていた頃があるのだが、やたらとくるメールに嫌気がさした。今は楽天のメールはほぼGmailの迷惑フォルダに振り分けて平穏を得ている状態である。毛嫌いしているのは楽天のメールの止め方がやたらわかりにくいのと、止めたところで別のメールがやってくるせいで、楽天から来るメールは片っ端から迷惑メールにしたのだ。

そんなわけで、娘のスマホをほっとくわけにもいくまいということになった。

自分で手続きできちゃうのね

最近のIIJmioはどうなっているのかと調べてみたところ、なんとファミリーシェアパックはSIMが10枚までに増えているではないか。さらに調べると、追加SIMもMNP転入可能になっている。今はLINEを使ったりしているから、電話番号が変わるのは面倒だ。転入できるのはありがたい。

早速FREETELを調べたら、ちゃんとMNP転出も対応している。その場で転出手続きをしたら程なく予約番号がメールで送られてきた。

で、今度はIIJmioのサイトで、マイページにログインしてSIMの追加を選んで、MNP転入のために予約番号を入れ、通話つきSIMなので身分証明書類をアップロードして手続き終了。SIMが届くのを待つばかりとなった。

以前は転入手続きをしたら、IIJ側でSIM開通の手続きまでやって送ってきたので、SIMが届くまで1〜2日の不通期間があったのだが、今は違う。開通の手前まで処理したSIMが送られて来るのだ。だから、SIMが届いて開通の手続きをするまでFREETELの回線が使える。

転入手続きから2〜3日でSIMが届いたら、同封の書類にしたがって電話でSIMの開通手続きをする。自動受付で言われるままに番号を入れるだけだ。

スマホのSIMを入れ、アクセスポイント設定を変えて待つこと数時間。特段の問題なく開通と相成った。

自宅で全部済むのね

大手キャリアなら窓口でやることを自分でやるんだから、それなりにハードルは高いのかもしれないが、家を出ることなくキャリアの引っ越しができてしまうというのはなかなか便利。

これで家族揃ってIIJmioになったから、通話料を除けば四人で7000円もかからない。だいたい電話もほとんどしないから毎月7000円以内で収まるだろう。

もちろん、端末はSIMフリーのものを持っている必要がある。でもみんな普通の家電やゲーム機と同じように一括で買っちゃっているからあとは通信料だけなのだ。大手キャリアで一人毎月6000千円くらい払っている人が◯◯に見えるのだ。

ただ、MVNOならではの注意点もある。

  • キャリアメールが使えない。と言っても僕はそれの何が不便なのか全くわからないのだが。
  • LINEで年齢確認が必要な手続きができない。なぜかLINEは大手キャリアに年齢確認ができるらしい。
  • 昼間はパケットが混雑気味。これは街中ではちょいと辛い。が、Webをやたらと参照する使い方でなければ問題ない。SNSではちょっと遅いなと思う程度だ。

別に僕はIIJの回し者ではない。単にIIJが好きなだけなのでそこのところはよろしく。

というわけで、めでたしめでたし。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, お金, モノ, 学び, 技術, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.