読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

モノ 学び 日々 社会

読了:メルカリでお片づけ

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 著者がメルカリを始めたきっかけ
  • メルカリってどんなところ?
  • 出品の準備
  • 出品の仕方
  • 売れた時の取引の方法
  • 売れないとき
  • 売上について振り返り、メルカリと楽しく付き合おう

読んでどんなことを考えたか?

メルカリは簡単に言ってしまえばオンラインフリーマーケットだ。スマホで簡単に出品し、スマホで簡単に買うことができる。

現実世界のフリーマーケットは随分前から流行っていて、色々なところで結構定期的に行われているようである。特に女性はお店やさんをやるのが好きなのでやっている人が多い。買い物をするのも楽しいようで、うちにもフリーマケットで買ったものがいくつかある。

メルカリはCtoCの取引だから、問題が起きないような仕組みとか、住所を知らせずにモノを送ったり受け取ったりできるような仕組みもあって、使い始めると便利なのだろうなと思う。実際、うちにも売ってしまいたいものは結構ある。主に子供が小さかった頃のおもちゃだが、なんとなく捨てられずに部屋に積んであったりするものだ。

これからもっといろんな範囲でCtoCとか、シェアエコノミーみたいなものが発達していくのだろうなという感想は持ったが、これってマクロ経済にどんな影響を与えるのだろうか?ちょっと検証してみたいと思った。

僕はモノに対する愛着が強い方だからかな?実際の出品方法など細かく書いてあるのだが、すぐにやってみようとは思わなかったな。

面白かった?

今後の社会を考えるきっかけとして面白かった。

まとめ

メルカリをなんとなく知っていて、やってみたいという人にはいいガイドになると思う。

前述したようにシェアエコノミーについて考えるためにメルカリを研究してみるのも悪くないかもしれない。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-モノ, 学び, 日々, , 社会
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.