読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び 技術 日々

Vimを忘れてしまった

投稿日:

Vimって何?

LinuxやOSXなんかのUNIX系OSではテキストエディタといえばVimである。と言うとEmacs系を使っている人に怒られるし、最近はAtomなんかもあるので油断できないのだが、まあ、僕はコマンドライン端末ではVimを使いたい人なのである。というか使っていた。

最近はプログラミングといえばIDE(統合開発環境)を使うことも増えてきたが、ライトなテキストエディタがいいという人も少なくない。それに、VimやEmacsは昔から色んな機能拡張が施されていて、コーディングに便利な機能が揃っている。マウスなんかない時代からのものなのでほとんどキーボードのホームポジションから手を動かさずにあらゆることができてしまうというのもなかなか魅力的なのである。

コマンドを叩いていろんなことをやるサーバ系の作業をしようと思ったら必須と言っても過言ではない。

で、何が起きているのか?

僕は仕事でしばらくVimを使っていた。PHPのアプリケーションの開発をやっていた。Vimとコマンドラインで済むプログラミングはとても楽で、重たいIDEなんか使っていられないという感じだった。使っていたときはVimのコマンドを覚えていて、快適に使っていたのだが、それからもう2年位になる。

その後Eclipseという統合開発環境でJavaをガリガリ書くという仕事をしばらくして、それからはコマンドラインで仕事をするということがなかった。

パソコンのなかだけで仕事が済むとなると、比較的安直にウインドウアプリケーションのテキストエディタを使うようになってしまう。

最近、AWS(アマゾンのクラウド)の勉強を始めた。ただ機能の勉強をしても面白くないのでサーバレスシングルページアプリケーションというのをAWS上で作るということをやり始めたのだ。

するとやっぱりコマンドをバチバチ打つというやり方が普通になる。

勉強に使っているのはMacBookで、ホームディレクトリ上でウインドウベースのエディタを使うというやり方もあるのだが、結局コマンドを打つことにはなるのでコマンドラインでエディタを使えたほうが便利なのである。

というわけでVimを起動したところ、あれ?カーソル移動とファイルの書き出ししかできないぞ?ということになってしまっていることに気がついたのである。ああ、検索はできるか。行挿入とか行削除とかコピーペーストもできる。でももっと便利な使い方が随分あったはずだ。これでは昔のUNIX時代のviレベルではないか。

どうするか?

そうだ。とりあえずしばらくは手元にVimの入門書を置いておこうということで、本棚から出してきたのがこの本。

まあ、ちょっと古いが今更新しい本を買ってくるまでもない。これで十分。

というわけで、Vimの勘を取り戻すべく奮闘しているのである。

さて、あれ?そういえばgitコマンドってどんなふうに使うんだっけ?

(すっかりだめな人になったな。。。)







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び, 技術, 日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.