読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道 技術・科学

北の国から羅臼支店

投稿日:

北海道新聞 道東
北の国からの「純の番屋」を市街地に再現ー羅臼  2003/08/25 17:05

 【羅臼】人気テレビドラマ「北の国から2002遺言」に登場したコンブ番屋、通称「純の番屋」を、羅臼町観光協会が十月をめどに、市街地に再現する。同協会では「新たな名所づくりに力を貸して」と、番屋を建てるボランティアを町内外から募集している。

北の国からの影響力って大きいんだね。知床ってのも観光面では大きなアドバンテージ。うまく観光資源として生かしていってほしいと思うけど、ブームを追いかける観光客の通ったあとには草も生えないってこともあるから、いい意味でしたたかな感性が要求されると思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道, 技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.