おもしろ 日々

読了:この闇と光

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 「レイア1」
  • 「レイア2」

読んでどんなことを考えたか?

裏表紙側のカバーには「至上の美を誇るゴシックミステリ!」と書いてある。ゴシックミステリというジャンルがどういうものなのかは僕にはわからない。こういうものなのかという感じである。

この本はブックガイドであり、絵画へのガイドであり、耽美的な世界の追求だと思う。

帯には「ラストに驚く」と書いてあるが、小説を読み慣れた人ならさほど驚かないのではないか。

ミステリなのでネタバレするからあまり書けないが、面白い小説であることは確かである。著者の力を感じる。

面白かった?

面白かった。ミステリ好きならぜひ読むべき。

まとめ

一生かかっても世に出ている本をすべて読みつくすことはできないことをまた痛感する作品だな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.