ビジネス 学び 日々

読了:ストーリーブランド戦略

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 商品を売るにはストーリーが必要
  • ストーリーに欠かせない7つの基本要素がある
  • それをテンプレートとして説明する

読んでどんなことを考えたか?

ストーリーに欠かせない7つの基本要素とは、引用すると、

何らかの目的を持つ主人公が、それを達成する前に問題に出くわす。主人公が絶望の淵に立たされたとき、導き手が現れて、計画を授け、行動を促す。その行動により、主人公は失敗を回避して、成功に至る。

と、こんな感じですね。RPGみたいなもんですな。

お客様に何かを売ろうとする時、こんなストーリーを見せるとうまく成約につなげることができるというテンプレートの一つですね。

最近の流行のWEBサイト、大抵こんなふうになってますな。シンプルに1ページで構成されていて、最初に商品イメージがあって、あなたはこんなことで困っていませんか?みたいなことが書かれていて、それにはこんな考え方もあるんですよみたいに展開して、こんなふうにやれば出来ますと続いて、[今すぐ申し込む]みたいなボタンがあって、もしやらなかったらこんなことがあるかもしれないよと脅しておいて、やればこんなふうにうまく行っちゃいます。[今すぐ申し込む]と畳み掛ける。

ジャパネットたかたとかね、同じですね。それでブランド作っちゃってますから。なかなかすごいもんです。画面の隅っこに電話番号が常に出ていて、途中で必ず「フリーダイヤルほにゃらか」が流れる。失敗例いっぱい見せますね。商品を買うとこんなに簡単に解決しちゃいますってね。やるわけ。

われわれ、こういうのにずいぶんさらされています。そういえばAmazonもそろそろプライムデーが……くわばらくわばら。

まあ、こんなふうなやり方を解説した本です。

こういうのちゃんと勉強しておくと、自分のでも他人のでも、何かを売る仕組みを作るときに参考になりますな。サクッと一読しておいて良い本でしょう。

ちなみにこの本、私のはじめてのフォトリーディング本になりました。なんだか知らないうちに読めていました。この記事が「活性化」の結果かな。まだ初心者だからね。こんなもん。

面白かった?

うーん。正直に言うと最近こういうサイトが多いなと思っていたところで、それを理論化した本を読んでもさほど驚かないというか、まあ今は普通でしょって感じだったな。ただ、7つの要素は使えるので覚えておいていいと思う。僕はなにかのときに参照できるようにこの本を本棚に置くことに決定。

まとめ

今はね、モノにストーリーがないと売れないんですよね。みんな最低限欲しいものは持っている時代だからね。これは売るためのストーリーだけど、最近はモノ自体にストーリーが必要でね。そういう観点でテレビのコマーシャルを見ると面白いと思います。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-ビジネス, 学び, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.