ビジネス 働き方 学び 思考 技術 日々

読了:セールスレターの成功技術

投稿日:

著者になりたい人をあれこれサポートする読書と編集のにゃおです。

今日読んだ本の紹介です。

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • お金を生む手紙
  • セールスレターはお金を生む「武器」である
  • 市場を知り、お客を知る
  • セールスのための仕掛け
  • 手紙を書く実践テクニック
  • セルスレターのトップへ

読んでどんなことを考えたか?

セールスレターというものに、僕はあまりいいイメージを持っていない。

ひところ、やたらとダイレクトメールがポストに入っている時代があった。僕はそれらをいちいち読んだことはないし、企業もあまり効果がないと見限ったから最近はあまりポストに余計な手紙が入ることはなくなったわけだ。

で、今はそれがインターネットの世界に移っている。しかし、これがまた電子メールという便利なツールの大きな欠陥によって使い物にならなくなっている。大半のダイレクトメールは優秀なGmailのフィルターによって迷惑メールとして消えていく運命にある。

次はSNSを使った方法に移ってきた。Facebookをビジネスに使う例も増えている。僕もその一人だけど。基本的にオプトインで顧客候補にアクセスできるからまあマシといばマシだ。

というわけで、僕はセールスレターというものにほとんど縁がない。なにか書いてあるなと思ってもほとんど読まないできたし、それは今もそうだ。

ただ、それは僕が単なる消費者だったからで、ビジネスを始めようとなるとなんらかのメッセージをクライアント(候補)に伝えなければならないのは確かなことなのである。

大企業のように潤沢なお金を使って広告を打つというわけには行かない。自分で自分の商品を宣伝しなければならない。販売するということはそういうことなのだとこのごろやっと理解し始めた。

そして、いろいろなビジネスWebサイトは、セールスレターのテクニックを使っているということに気づいた。きちんと伝えたいメッセージを伝えること。これがまず大切なことなのである。

この本は、封筒がどうこうとか、僕から見るとちょっと古いと思われることも書かれているけれど、セールスレターに書かなければならないことや、いわゆる「成約」を早くするためのテクニックなどが書かれている。豊富なセールスレターのサンプルも載っている。学べることは多い。

自分のビジネスのためのWebサイトを作るときに、この本を参照するのは悪くないと思う。

この本はフォトリーディングで読んだ14冊目の本。ビジネスのやり方に関する本をまとめてフォトリーディングするのはとても効果的な感じだ。

面白かった?

面白い、というわけではない。ただ、伝えたいメッセージを伝えるためのテクニックは詰まっている。必要なときに参照しながら役に立てよう。

まとめ

結局の所、クライアントにどんなメッセージを送ることができるか。それが商売の入り口である。セールスの基本。その一つがセールスレターである。売るものによってはうまく働くこともあるだろう。その前に何を売るか。そこを外さないようにしなければいけない。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-ビジネス, 働き方, 学び, 思考, 技術, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.