おもしろ 働き方 学び 思考 日々 生き方

読了:人生やらなくていいリスト

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

この間、とある読書会に行ったときに本を一冊頂いたので、それを読んでみました。

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 著者の人生年表
  • 表現
  • 孤独
  • 仲間
  • 共創
  • 仕事
  • 信念
  • 感性
  • 挑戦

読んでどんなことを考えたか?

まず、フォトリーディングをしてみた印象は、この本は「自分を許す」ことを書いてあるんだなということだった。「やらなくていい」というのは、「やらなければならない」と思っている自分を変えることなのだね。

例えば「「TO DO リスト」はなくていい」という章がある。ここに書いてあることはこうだ。

なんとなく「やらなきゃ」と焦り、「TO DO リスト」に振り回されている人がとても多い。「やらないといけないこと」とは、外部から与えられたものがほとんど。そんな「TO DO リスト」を中心に生きることほど、つらいことはない。

もし、「自分がやりたくないと思っていること」に、人生のほとんどを費やす生き方をしていると考えたら、恐ろしくならないだろうか。

「TO DO」に振り回されていると感じたら、「やりたいことリスト」を書いてみよう。

そうだなのだ。僕に必要なのは「やりたいことリスト」だった。少し前に、「やりたいこと100」を書いた。いろんなレベルのものが混ざっているけれど、とにかく100個書いた。するとあっという間に十数個はできてしまった。そう。意識化することが実行を促すのである。「TO DO」は生きていく上で必ずついて回るのだけど、それは最小限にして、「やりたいこと」の方に集中することが大事だとわかった。

「えこひいきをしてもいい」という章も面白い。えこひいきというと悪いことになってしまうけれど、自分のためにリスクを取ってくれた人は大事にする。恩返しをするべきなのだ。ここは明確に差をつけていい。八方美人になってもいいことはない。

「イビツなままでいい」には、こう書いてある。

生きるとは、一生をかけてあなただけの「本来のイビツな形=あなたの内に眠るアーティスト性」を磨き続けること。周りの目や、同調圧力に負けず、その「美しきイビツさ」を命がけで守り抜いてほしいんだ。

イビツさを恥じて、必死に磨き続けることもときには必要かもしれない。でも、そんなことを大事にしているうちにチャンスは逃げていくし、磨きすぎて自分らしさが消え去ってしまうことだってありがちな気がする。「イビツである」ことを守り切ることが大切なのだ。これはもうどちらかというと「やらなくていい」じゃなくて、「そうしろ」と言っている。著者が感じているとても大事なことなのだろう。

「ノートはとらなくていい」という章も印象的だ。「考えるな。感じろ」と言っているようだ。聞いたことをノートに取る。よくやることだけど、それより大事なのは感じたことをメモしておくことなのだ。僕は学校で板書をノートするのが嫌いだった。とにかく面倒だった。今でもノートを取るのは大嫌いだ。そんなことをするより、今、そこで感じたことを大切にしたいと思っているのである。授業やセミナーはライブなのである。印象に残らないライブなど価値はない。これは学校の先生には心してもらいたいと思った。

というわけで、たくさんの「やらなくていい」が書かれているが、むしろ、「こうしたほうがいい」が書かれているというのが正しそうだ。

仕事や学校生活、ひいては人生に迷った時、この本の目次をみて、ピンときた章を読んでみよう。きっと自分の答えが見つかるはずだ。

この本はフォトリーディングの22冊め。この文章は「活性化」のひとつとして書いたものである。

面白かった?

面白かった。「心の荷」を捨てる。そういう意味で「やらなくていいリスト」なのだ。そして、逆説的に「やりたいことリスト」を作ることを勧めているということでもある。

それは人生に新しい視点を与えてくれるに違いない。

まとめ

世の中にはいろんな柵や制約がある。そういう縛るものに縮こまってしまった心を開放しよう。そのためにこの本を活用しよう。本棚に一冊。こんな本を置いておくととても便利だ。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 働き方, 学び, 思考, 日々, , 生き方
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.