Myself おもしろ モノ 学び 思考 技術 日々

エンジニアに戻ってみようか。出来るんだろうか?

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

今日はちょっと技術者としての血が騒いだお話を。

引き金を引いたもの

僕はAppleの製品が好きだ。世の中にはそういう人はたくさんいるだろう。Appleの歴史とか、カリスマ的なアーキテクトでデザイナーでエンジニアがいた事とか、とてもおしゃれな製品とか。理由は様々だと思う。カフェでMacBookを開きたいという動機だって悪くない。

僕はといえばApple製品の中ではまあまあ安価なMacBookのシャンパンゴールドを使い、iPhoneXを持ち、AppleWatchも持っている。すっかりミーハーなユーザーだ。なかでもiPhoneは大好きで、その形も、使い方も、数あるアプリケーションもとてもスマートだと思っている。なにしろ高いのが難点だが、キャリアにロックインされるのが嫌で、iPhoneはAppleから直接買い、IIJmioのSIMを使っている。

そのIIJから、ちょいと気になるメールが届いた。最新のAndroidが使える端末を売るという。

Androidは複雑なOSだ。というのも、端末のハードウエアが山ほどあり、それらを作るメーカーが自前の端末のためにAndroidをカスタマイズしてインストールしているのだ。同じAndroidでもメーカーによって機種によって中身が違うのである。これはかなり厄介なことで、Googleが新しいバージョンのAndroidを出しても、簡単にアップデートというわけには行かない。メーカーがカスタマイズした部分をマイグレーションして、動作検証してからアップデートを出すことになる。新しいOSが載るかどうかはメーカー次第なのだ。

大抵は新しい端末ハードウエアに新しいOSを乗せるという形でリリースされる。アップデートされるのは稀と言って過言ではない。

日本のモバイル通信業界というのは3大キャリアの力が大きい。電電公社時代から脈々と続く商習慣がいまだに残っている。というのは、キャリアが端末開発の資金を出すという形だ。メーカーはその資金をあてにして端末開発を行う。だからキャリアの意向に沿った端末を作ることになる。キャリアにしてみれば新しい端末を売るほうが商売がしやすいに決まっている。OSのアップデートなど儲からないからやらないということになる。その軛から逃れられているのが唯一iPhoneであって、日本のユーザが高いのにiPhoneを使いたがるのにはそういう背景があると僕は考えている。

いろいろ書いたが、まあ要するにAndroidは最新OSが出ても日本では使えるのが後になる。ということだ。基本的に3大キャリアの端末リリース時期まで待たなきゃいけないし、それはロックインされることを意味する。

と、諦めにも似た感情を持ってAndroidを眺めてきたのだが、これを推進しているGoogleの動向は常に意識してきた。iPhoneは使っているが、基本的なアプリはGoogleのものを使う。Macでも今やほとんどの仕事をChromeの上でやる。アプリを立ち上げるのはやや自虐的とも言えるがMicrosoftOfficeくらいだ。

Googleのアプリケーションを使うならAndroidのほうが便利なのは自明である。それでもiPhoneを使ってきたのはひとえに常に新しいテクノロジーに触れられるからだ。

そこに降って湧いたのがIIJが販売を始めたEssential Phoneだったのだ。

すぐにAndroid 9.0 Pieにする

Essential PhoneはIIJからメールが届いたその日に注文して、3日めに届いた。早速梱包を解いてみると、出てきたのはこれ。

恐ろしくシンプルなデザインの箱である。僕はこういうのは嫌いではない。そして、引き出しのようになっている箱を開けてみると、ほぼ真っ黒な中身が出てくる。

端末は端正なモノリスタイプ。ほぼ凹凸がなく、持った感じはとても重厚感があって高級な感じがする。電源をいれると英語モードでセットアップが始まるが、さして悩むことなく設定して、ホーム画面が表示されたところで日本語設定に変更し、早速システムアップデートを試す。

きちんとAndroid 9.0 Pieが降ってきた。あまり使っている人のいない最新OSを手に入れるというのはなんだか嬉しい。

Pieはなにができるのか

ではPieは何が出来るのだろう。今は初期だからあまり日本語の情報がない。とりあえずはここを見るのが一番わかり易いかもしれない。「Android Pie」とでもググれば徐々に情報は増えてくるだろう。

この中で僕が魅力を感じたのは、「App Actions」と言うやつだ。アプリを起動せずに機能を使うことができるというものである。これまではアプリの中の機能を使うためには当然アプリを起動する必要があった。そんな思い込みを打ち砕くものになりそうだ。例えば、メールを送ろうというときにメーラアプリを開いて、メール作成画面に移るのではなく、メール作成画面をいきなり開くという感じだろうか。

しかも、このためのアイコンが端末の存在するコンテキストに応じて表示されるという。

朝、通勤時に電車の中でいつもLINEで恋人にメッセージを送る習慣があるとしよう。Pieはそれを学習して朝で電車で移動中になるとLINEのアイコンを表示するという感じ。まだ実際に使ったことはないし、LINEのアプリだって相応の機能を実装する必要があるだろうけど、まあそんなことが出来るようになるのではないかと思う。

そうするとホーム画面にやたらとアイコンを置いておく必要はなくなる。なにより無意識に機能を使うようになる。これぞスマートホンという気がしてくる。

Googleが本気でAIを投入してきたと感じる。

これは今までなかった大きなUIのイノベーションになるのではないかと直感した。

で、エンジニアに戻ってみようと思った

話はいきなり変わるが、僕はインターネットが存在しない頃からソフトウエアに触れ、メインフレームコンピュータに憧れて就職し、ブラックな職場で長年仕事をしてソフトウエアエンジニアという仕事に幻滅した口である。もうプログラミングに触れるのはよそうと思ってきた。悲しいかな頭もついてこなくなった。

でも、学生時代に何度めかの冬の時代を迎えつつあったAIを研究していた血が騒ぐのである。

会社員時代に受けたダメージが少し癒えてきた今、またちょっとプログラミングに手を出してみようかと思い始めている。

幸い、今は開発環境はただで手に入る時代だ。早速Android Studioをインストールし、Kotlinに触れてみる。とりあえず"Hello World!"から……

さて、僕はエンジニアに戻ることが出来るだろうか?







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, おもしろ, モノ, 学び, 思考, 技術, 日々
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.