おもしろ カワイイ 学び 日々

メイドカフェに行ってみた

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

祝日開催!神田昌典2022講演を100倍活用するための 「秘密のシェア会」秋分(昼)というセミナーがあって、その後の懇親会がメイドカフェで行われた。これはこれで楽しいなあと思った。

メイドさんはけっこう好きだけどメイドカフェはハードルが高いと思っていた

森薫の「エマ」とかね、好きなんです。まあ、妄想の世界ですけどね。メイドさん萌えってなんなんですかね?まあね、服装がカワイイというのがまずあるのでしょうけれども、実際には下働きの大変なお仕事ですよね。まあなぜかそこから萌え要素だけを取り出した世界があるという。オタクな世界というのは奥が深い。

まあ、そんなわけで大してオタクではない僕はメイドカフェというのを遠くのものとしておりました。だいたいいい歳だしね、恥ずかしいというのが先に立つ。それとね、親父はいやらしいみたいな偏見もあるわけで、それはそれで悲しく近寄りがたいものとなっておりました。

セミナー主催者は予想を上回る楽しい人だった

「秘密のシェア会」の内容は秘密ですが、いろいろ役に立つ内容でした。稀代のマーケターである神田昌典さんが言っていることを分析し、独自の手法で深読みします。春分、夏至、秋分と季節を分けて実施されている「秘密のシェア会」、今回は秋分なので、これから冬至までどのような考え方でいろいろな活動をしていったらいいか、様々な情報をもとに教えていただきました。そして、来年がどうなるかの予測も。これは至って真面目な内容なのです。

毎回楽しみにしているのですが、今回はちょっと様子が。。。

実はちょっと前、主催者が別のイベントを立てて集客に苦労をしていたときに、「ロリータやってみたら?」と僕が自分のPintarestボードを軽い気持ちで見せたら、その日のうちに早速ここへ行って、撮影の予約までしてきてしまうという、予想を超えた動きをした主催者。

今回の「秘密のシェア会(夜)」は黒のaラインミニのワンピースにツインテールという出で立ちで、参加者に猫のポーズ(両手を握って小指だけを少し緩めて顔の両側に。頭は少し斜めに)のハードルを軽快に(?)越えさせるという荒業を。僕は内心嫌いではないのだけれどもやってみるとこれはなかなか難しいことを痛感するという事になりました。

昼の懇親会がメイドカフェだった

今回の「秘密のシェア会」は夜と昼の2回開催でした。平日夜は参加が難しいという方もいるということで休日昼にも企画されたのです。内容は重なる部分もあるのですが、違う角度からの分析もあるということで僕は両方参加することにしていました。

すると、セミナー後の懇親会はメイドカフェということになっていました。半分冗談と思って聞き流していましたが、主催者は本気。

昼のセミナーは膝上15センチはあると思われるミニにレースのついたブラウス。髪は一本にまとめて前に流すスタイル。とにかくカワイイファッションで登場し、参加者にハートのポーズ(両手を左右から胸の前に持ってきてハートのマークを作る)の練習をさせました。

そして、6件ピックアップしたメイドカフェから参加者みんなに行く店を決めさせつつ、セミナーはきっちり濃い中身のものを二時間半やって、懇親会に緊張感(^^;をもってでかけました。

行ったお店は「Dolly Cafe CHOCOLAT(中央区南3条西4丁目ビッグシルバービル3F)」。行ってみると真ん中にコの字にカウンターがあるお店でした。メイドさん3人。普通にコーヒーを頼む人、紅茶を頼む人、おまかせでドリンクを頼む人、定番オムライスを頼む人。それぞれいろいろオーダーしてメイドさんのお仕事の間にいろいろお話をしました。おまかせの食事メニューがあるとか、曖昧なオーダーでもなにか作ってくれるとか、そういえば一般の飲食店にはないなあというスタイルがあって、おもしろいなあと思いました。

僕はメイドさんと写真を撮ってもらいました。そのときに猫のポーズが大変役に立ったのでした。

一度行ってしまえば大丈夫

率直に言えば超ライトな風俗店ということになるので、時間課金などお値段はお高い感じではありますが、メイドさん大好きな女性も普通にやってくるし、オタクな世界のお話をするにはとても楽しい場所だということがわかりました。もうちょっと深いオタクトークができるともっと楽しそう。

人が写る写真を勝手に取ることはできませんし、メイドさんと撮った写真や頂いた名刺もここに載せることはできません。写真を使うなら、やっぱりオムライス。ケチャップで絵を描いてもらって、それを載せるのがいいですね。

雰囲気はほのぼのとしていて、こういう場所好きだなあと思いました。

スタンプカードも作ってもらっちゃったし、今度はカミさんや長女と一緒に行ってみよう。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, カワイイ, 学び, 日々,
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.