Myself モノ 思考 日々

手帳をどうするか?

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

そろそろ来年の手帳を準備始めた方も多いでしょう。僕はいつもどおりです。

手帳の懸案

今年の手帳はですね、懸案事項がひとつあります。

それは改元ですね。

西暦しか使ってないよという方も、役所の書類出すときとかね、元号をよく使うんですよね。

まあ、予定は西暦で管理すればいいのでたいした影響はないかもしれませんが、元号ありの手帳はどうするんでしょうね?ちょっと興味がある。

僕の手帳は

例年通り、「ほぼ日手帳」ということにあいなりました。A6オリジナル月曜始まり。

毎年LOFTに買いに行っていたんですが、今年はAmazonでも扱いが始まりました。買うのが楽になりました。

ほぼ日手帳はヌメ革のカバー(結構お高い)を買ってから、ずーっと使っています。あ、その前から使っているんだけど、ヌメ革カバー買ってからカバーがもったいなくて変えられないという。いや、もちろん中身は気に入っています。書きやすい紙、一日1ページ。毎日の言葉。

僕は予定ももちろん書くんだけど、ほとんどの場所を日記に使っています。できるだけ書くようにしています。まあ、しばらく書かないときもあったりはしますが。ブログのネタとか、ブログには書けないこととかですね。あとで読み返すと結構面白いのです。

スケジュール管理はGoogle Calendarで

手帳に予定書くんですけど、管理はGoogle Clendarを使っています。そう。二重管理。これが面倒。でもね、手帳を開いて日記書くときにその日の予定が書かれているほうがいいじゃないですか。だから面倒だけど両方に書き込んでます。Google CalendarとKeepを組み合わせて使ってもいいようなものだけど、やっぱりね、ネット上に置きたくないものはあるものですよね。

だから、手帳の予定を調べるということはありません。あくまで日記の参考。そうです。僕の手帳は日記帳なんですね。

いろんな手帳があるみたいだけど

世の中には自分のやりたいことを実現するための手帳がいくつもあるみたいだけど、僕はあまりそういうのに興味がありません。というか、興味がありすぎていろいろやってみたんだけど続かなかったんです。僕にはそういうのあっていないみたい。

むしろ、そういうものほどオンラインのツールを組み合わせて使ったほうがいいんじゃないかなんて思っています。

で、気に入っているオンラインのツールはこんな感じ。

  • Google Calendar
    言わずと知れたカレンダーアプリ。他のアプリとの連携も多いのでこれがベースかな。
  • Google Keep
    思いついたことはこれにどんどん書き込んでおきます。たまに並べ替えてみたりしてね、結構便利。Calenderの横にも表示できる。
  • Todoist
    これ、いいですよ。ToDoの管理をするものなんですけど、Google Calendarとの連携もできるし、有料版にするとToDoのリマインダとして場所を設定できたりするんです。すぐじゃなくていいけど、あのお店にあるから近くを通ったときに買おう。とかいうモノあるでしょう?そういうのを入力しておくと、そのお店の近所に行ったときに知らせてくれます。これ便利。
    あと、たくさんToDoリスト作れるので、僕は「やりたいこと100」なんてのを作って実現するごとに消し込んだりしています。クラウドなのでパソコンからでもスマホからでも見られます。AppleWatchからも見られる。

こういうのを自分なりのルールを作って使うわけですね。僕のやりたいことって多岐にわたるから、オンラインでいろいろリンクできる方が便利なんです。これ紙じゃできないことなんですよね。

手帳はひとそれぞれ

すごく手帳を活用している人もいるし、僕みたいにブランド(ほぼ日ってブランドだよね)が気に入って使っているって言う人もいるだろう。いろいろ使ってみないと自分のスタイルってわからないしね。

毎年手帳が並ぶ時期になるとどんなのがあるかなあって眺めてしまうよね。

この記事読んだ人、手帳好きでしょう?







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, モノ, 思考, 日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.