Myself 働き方 学び 思考 日々 生き方

地道に読書しています

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

仕事が結構きついなかでなんとか読書しています。

通勤

僕がいま主にやっている仕事は車を運転することが多い。で、仕事の行き先が自宅(札幌の端っこの方)の方面にいくつかあって、今の職場の経営者の家も同じような方向にある。事務所は札幌の中心部にある。

そんなわけで、経営者の家にある社有車を使ったりすることもあるんだけど、配車の都合で事務所に車を取りに行って自宅方面に戻ってくることも多々ある。もちろん自宅方面に行ってから事務所に車を戻すなんてこともあたりまえだ。なんだか馬鹿らしいようだが、まあ会社に通うということはそういうことなのでそれ自体は全く苦ではない。苦ではないどころか、電車の通勤時間は歓迎すべき時間だ。もちろん本が読めるからである。

どれくらい読めるようになったか

6月にフォトリーディングを習ってから、結構経ったけれど、まだ100冊にはとても届かない。でも読むのは結構速くなってきたと思う。一日で一冊読むのもさほど難しくなくなってきた。

しかし、まだ速読からは抜けきれていなくて、ホールマインドシステムには程遠い。たぶん一日に5〜6冊読めるようにならなければならないのだと思う。さらに、アウトプットも伴っていない。ブログを毎日書くのを目標にしているのだが、これがなかなかできない。一日車を運転して帰ってくるとやはり神経がかなり疲れてしまっているのである。

少し仕事を減らさなければならない。もう少し落ち着いた時間を作れるように考えよう。今の段階ではとりあえず働く曜日を固定することから始めようと思う。

これから読みたい本と読むための仕組み

ひょっとしたらコーチングができるのではないかという気がしてきた。それなりに歳を重ねてきたので他人におせっかいかも知れないがちょっとしたアドバイスができる自分を発見した。だからしばらくそういう関係の本を読んでみたいと思う。

あと、溜まりに溜まった積読を消化しなければ。

できる仕組みを作る。それが大事だ。決意を新たにするだけではだめなのだ。

そういう意味で、通勤は電車でというのが僕にはひとつのツールなのだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, 働き方, 学び, 思考, 日々, , 生き方
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.