Myself 健康 学び 日々 生き方

ピロリ菌退治

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

ピロリ菌退治をした話です。

去年の健診で陽性

去年、定期検診で、オプション検査でピロリ菌検査があったので、やってみた。実は前にもやったことがあって、陽性だったので、結果はわかってたんだけど、そのときの検査結果をなくしてしまったので検査からやりなおさなきゃならなかったわけ。

で、問題なく陽性(^^;

しかーし、それからが大変。僕は常用している薬があるからね、肝機能の数値が良くないのだ。ピロリ菌の除菌はもちろん薬を使う。ある意味で毒性の高い薬だ。だから肝臓の負担を考慮しなければならない。というわけで、すぐに除菌に取り掛かりたかったのだが、今はダメですねと言われてしまった。

半年後

半年後にまた来てねーということで、しばらくお酒を飲むのをやめて、常用の薬も減らしたり、しばらく飲むのをやめたりして望んだ診察で、数値は劇的に改善していた。まあ、たぶん薬の影響が大きいのだ。というのも、僕は今までお酒を飲むのをしばらくやめたり、しばらく飲んでみたりして血液検査をしてみている。結果はほとんど変わらなかった。薬をやめるのはちょっとリスキーだけど、しばらく服用をやめたら劇的に改善する。そこまで確認していたのだ。

で、除菌やりましょう。ということになった。

飲むのは「ランサップ400」っていうやつ。こんなのね。

ランサップ400

これを朝晩、一週間飲み続ける。特に食事制限とかはないけど、アルコールはダメですね。

まあなんとか問題なく飲みきりました。

で、今日

除菌してから2ヶ月程度あけて結果を検査するわけです。

あ、検査は呼気検査というやつでね、検査用のバッグに息を吹き込むだけ。2回とる。間に薬を飲んで、20分待って2回めをやる感じで。ちゃんと比較するんでしょうな。まあ大したことはない。

検査はちょっと時間がかかるだろうと思ったけど、30分も待たずに診察室に呼ばれて、血液検査の結果で肝機能は横ばいだねーとか、コレステロールと中性脂肪が高いので食事に気をつけてねーとか、除菌薬はちゃんと飲めましたかーとか聞かれて、いよいよ結果発表。

「ピロリ菌、なし」

おー、除菌がうまくいったということですね。

これで胃がんのリスクが少し下がりました。

とはいえ、ピロリ菌がいた人はいない人より胃がんのリスクは高いし、胃がんの原因が全てピロリ菌というわけでもないので、最低でも2年に一回は検査してねーと言われてとりあえず治療終了と相成りました。

胃がんの可能性が下がったのも嬉しいけど、肝機能の改善はもっと嬉しい。脂肪肝を抜け出したわけではないのでもう少し運動するとか考えなきゃなーと思いながら帰ってきました。

というわけで、定期検診ね、ちゃんと受けましょうね。とくにフリーランスになった人。忘れないようにね。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself, 健康, 学び, 日々, 生き方
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.