おもしろ 思考 技術 日々

すぐメモしないと忘れる!

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

ホントにすぐ忘れるなあという話。

ひらめいた!んだけど

今日通勤でてくてく歩きながら、ふとブログネタになるキーワードをひらめいた。それで、すぐにメモをしようと思って、スマホを出して、メモ用のアプリを立ち上げて、新規のメモを開いたら、すでにひらめきは失われていて、思い出すまでにしばらくかかって、やっと書いた。思い出せたので良かったが、思い出せないことはよくあることで、すごくもったいないなと思う。

メモすること

この間、とある読書会でこんな本が紹介されて、メモをすることが気になってきた。

むかし、僕は腰のベルトからリールでメモ帳とボールペンをぶら下げて歩いていたことがある。おもいついたらすぐにメモを取るという実験だった。まあまあ良かったんだけど、腰から引っ張って、メモできるページを開いて、ボールペンをキャップから外して、メモをするという手順が必要で、しかもメモは結構書きにくかった。自分が読めればいいので汚くても構わないんだけど、日頃から手書きしていないと漢字が出てこなくて、それを考えている間にアイデアがどこかに消えてしまうことがあって困った。ひらがなだと文字数が増えるという問題もある。

スマホを持つようになって、メモをするためのアプリを入れているんだけど、これが案外うまくは使えない。アプリを起動するためのステップが意外と多いのだ。それに、ポケットに入っているスマホを取り出すのに手間取ってしまうこともある。これが結構致命的だし、何より問題は歩いている時に思いついてしまったアイデアを書くことで、やっぱり歩きスマホって危ないじゃない?

そういえば……

うーん。と考えていたら、僕はAppleWatchを持っているということに気づいた。これでメモしようと考えたことはなかったんだけど、メモアプリはあるはずだと検索してみたら、Evernoteが結構使えるという情報が。

Evernoteは昔からアカウントを持っているんだけど、いまいち使えていない。ぐちゃぐちゃにいろんな資料が入っていて、わけのわからないタグがいっぱいあって、なんかフォルダもたくさんあるという悲惨な状態。結局それらは放棄された状態で、A.Listというフォルダにガチャガチャといろんなものが入っている状態。まあ、検索を使えばそれでも必要なものは取り出せるんだけど、あまりに混沌としていて溜めた資料を検索するよりググったほうが有益という有様。

しかしこれをAppleWatchから使えるとなったら話は変わってくる。

とりあえずAppleWatchからアプリを起動してメモを追加してみると、音声で入力できる。もちろんテキストに変換される。これは素晴らしい。

というわけで、さっそく文字盤をカスタマイズしてEvernoteのアイコンを置き、おもいついたらすぐに音声入力メモというのを試してみることにした。

さて、うまくいくだろうか。しばらく運用してみるよ。

今日の読書

長らく積読になっているのをガリガリと読んでいる。今半分ちょい。面白いね。この本。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 思考, 技術, 日々,
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.