社会

指導力不足教員

投稿日:

asahi.com : 社会
生徒全員が教室抜け出しても授業続行 指導力不足の実例

 文部科学省は指導力不足教員の認定例として以下のようなものをあげた。

こんな実例が存在するってことは、教員の育成・採用過程に問題があるということだ。だいたい教師というのは人間関係が本業なのであって、学者とか研究者とは違うのだから、こんな基礎的な人間関係もろくに構築できないようじゃもともと資格がないといっていい。教員の養成過程には人間関係の問題解決のトレーニングは含まれていないのだろうか?
今の教師のほとんどは、ずっと学校に居て、一度も社会に出たことが無い。そういう人たちに社会で必要な力を子供たちにつけさせる指導ができるだろうか?
学校に期待しすぎる親にも問題がある。教育環境で一番大きいのは家庭であることを忘れてはいけない。
それにしても今の学校はどこか異常である。この環境で子供たちを健全に育てていくのは至難の業といえるかもしれない。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.